Bli medlem
Bli medlem

Du är här

2020-08-13

FibroGenesis、COVID-19による血液凝固を予防する画期的成果を報告

実験室での研究でPneumoBlast™細胞療法がCOVID-19に起因する凝血障害を低減することを示唆

ヒューストン発, Aug. 13, 2020 (GLOBE NEWSWIRE) -- 線維芽細胞ベースの治療ソリューションの開発により、満たされていない医療ニーズに応える臨床開発企業FibroGenesisは本日、COVID-19治療へのPneumoBlast™製品の使用を後押しする新たなデータを発表した。  PneumoBlast™と活性化された単核白血球細胞または内皮細胞の混合による室内実験で、組織因子発現が有意に阻害されることが示された。  組織因子は、COVID-19患者の血液凝固を誘発する主要分子である。  単核白血球は通常は、病原体から身体を守る細胞である。  COVID-19の症例では、肺に侵入した単核白血球が血液凝固を引き起こしている。  内皮細胞は血管の内壁を構成する細胞であり、血流と周辺組織の間の物質の流れを調節する。

活性化された単核白血球とPneumoBlast™を組み合わせて治療すると、未処理の単核白血球と比較して組織因子の発現が77%も抑えられた (p< 0.001)。  間充織幹細胞と活性化された単核白血球の混合では、組織因子の発現が13%阻害された (p= 0.01)。  さらに、活性化された内皮細胞では、PneumoBlast™により組織因子の発現が80%抑えられた一方 (p< 0.001)、間充織幹細胞では30%抑えられた (p= 0.01)。

COVID-19が重症化して死亡に至る主な原因は、血液凝固を抑えられないことにあると考えられている。  研究により、COVID-19患者で血液凝固が高い傾向で発生するのは、炎症が関わっていることが示されている。  同社はこれまでに、炎症を引き起こすTNF-αなどのタンパク質の量がPneumoBlast™によって減少することを実証している。  最新の研究では、PneumoBlast™が炎症の下流にも作用し、凝血カスケードを直接抑制する可能性が示された。

「このデータは目を見張るものです」と、FibroGenesis最高科学責任者 (CSO) のトム・イチム (Tom Ichim) 博士は述べている。「現在、COVID-19治療の主な障壁になっているのは、異常に高レベルの血液凝固を制御できないことです。多くの症例で、標準的な抗凝血剤が効いていません。  これに対し、PneumoBlast™細胞は、単核白血球細胞と内皮細胞いずれの血液凝固も減少させたので、多因子メカニズムへの効果が強く示唆されます。そのため、弊社の製品はCOVID-19に有効であると確信しています。」

「新たなメカニズムを探求し、特定することに成功した弊社の臨床協力者と科学者のチームに感謝しています。PneumoBlast™はこのメカニズムによって、COVID-19に効果を示すと思われます」と、FibroGenesis社長兼CEOのピート・オヒーロン (Pete O’Heeron) はコメントしている。「弊社は細胞療法企業として初めて、COVID-19による血液凝固問題に取り組んでいます。  今回の結果は、幹細胞よりも線維芽細胞が有望であることを一層強く示すものと考えています。」

FibroGenesisについて

FibroGenesisは、テキサス州ヒューストンに本社を置く再生医療企業で、ヒト皮膚線維芽細胞を使った慢性疾患治療の革新的なソリューションを開発している。FibroGenesisは現在、椎間板変性、多発性硬化症、パーキンソン病、慢性外傷性脳症、がん、糖尿病、肝不全、大腸炎、心不全などの多様な臨床経路にわたって、235件超の米国特許および国際特許を取得、または申請中である。資金はすべてエンジェル投資家より提供されており、細胞療法分野において次世代の医学的進歩を代表する企業である。

詳しくは、www.Fibro-Genesis.comを閲覧されたい。

Författare FibroGenesis

Tala om vad ni tycker

Tala om vad ni tycker

Ni är just nu inne på en betaversion av nya aktiespararna. Lämna gärna feedback på vad ni tycker i formuläret nedan.