Bli medlem
Bli medlem

Du är här

2021-05-06

フーバー、MAGNIFINジョイントベンチャーの持分取得契約を締結

アトランタ発, May 07, 2021 (GLOBE NEWSWIRE) -- 5月4日に、J.M.フーバー・コーポレーション (J.M.Huber Corporation、以下「フーバー」) は、RHIマグネジッタ (RHI Magnesita、以下「RHIM」) と正式契約を締結し、両社が折半出資するジョイントベンチャーMAGNIFIN (MAGNIFIN Magnesiaprodukte GmbH & Co. KG、以下「MAGNIFIN」) のRHIM持分である50%を取得した。この取引は規制当局の承認待ちで、2021年下期に成立が見込まれる。

フーバーは当初、2016年にアルベマール (Albemarle) からMartinswerk事業を買収する一環として、MAGNIFINの持分50%を取得した。ドイツのベルグハイムにあるMartinswerkは、フーバー・エンジニアード・マテリアルズ (Huber Engineered Materials、HEM) 難燃添加剤 (FRA) 戦略事業部門 (SBU) に組み込まれ、難燃剤、防煙用途および酸化アルミニウム用のハロゲンフリー製品を幅広く生産している。

MAGNIFINはオーストリアのブライテナウに本社を置き、1991年から高品質水酸化マグネシウム (MDH) 製品の製造および販売を実施している。MAGNIFIN®コート/非コート水酸化マグネシウムは環境にやさしい非ハロゲン系難燃剤で、特に300℃を超える高温処理を要する熱可塑性材料およびエラストマーなどのポリマー用途に広く利用されている。一般的な難燃剤用途には、エネルギーおよびLAN (ローカルエリアネットワーク) データケーブル、自動車用電線およびケーブル、エンジニアリング熱可塑性樹脂 (コネクタなど)、建設用遮熱シートなどがある。

フーバー・エンジニアード・マテリアルズ社長のダン・クラフチク (Dan Krawczyk) は次のように述べている。「今回の取引は、市場をリードするポジションにある、特殊化学製品および無機物質の企業を所有し経営するというHEMの使命に戦略的に適合しています。」

フーバー・エンジニアード・マテリアルズの難燃添加剤 (FRA) 事業ゼネラルマネージャーのビクター・ディーン (Victor Dean) は、次のように付け加えた。「今回の決断には、お客様の事業成長を支援する当社の使命、ならびに当社のハロゲンフリー難燃剤事業の世界的成長を実現するという明確な戦略が示されています。」

フーバー・エンジニアード・マテリアルズについて
ジョージア州アトランタ (米国) に本社を置くフーバー・エンジニアード・マテリアルズ (Huber Engineered Materials、HEM) は、非ハロゲン系難燃剤である粉末/沈降アルミナ三水和物と水酸化マグネシウムの生産において世界的なリーダー企業である。同社のFRA事業部門は、北米に4つ、ヨーロッパに2つの製造拠点 (内1つがMAGNIFIN工場) を有する。

HEMは、約40年にわたってハロゲンフリー難燃剤と防煙剤を供給している。高付加価値のHydral®、Hymod®、Martinal®およびMicral®アルミナ三水和物、MAGNIFIN®、Vertex®、Zerogen®水酸化マグネシウム、ならびにKemgard®モリブデン酸塩化合物など多様な製品を製造し、強化ポリエステル成形および引抜成形、エンジニアリング熱可塑性樹脂、屋根ふき材、シリコーンゴム、電線およびケーブル、コーティングおよびカーペット裏地などの幅広い最終用途に利用されている。上記のほか、フーバーはMartoxid®焼成アルミニウム酸化物、Compalox®特殊酸化物およびPergopak®担体添加剤および艶消剤を製造している。

HEMは、工業、農業、消費財用途に使われる幅広い製品の性能、外観、加工性を向上させる特殊化学製品および無機物質の生産に重点を置いている。また、高付加価値の農業用栄養素、補助剤、産業、食品およびUSPグレードの炭酸カルシウム製品のポートフォリオも有する。詳しくは、www.hubermaterials.comを閲覧されたい。

J.M.フーバー・コーポレーションについて
J.M.フーバー・コーポレーション (J.M.Huber Corporation) は本社をジョージア州アトランタ (米国) に置き、CP Kelco、フーバー・エンジニアード・マテリアルズ (Huber Engineered Materials)、フーバー・エンジニアード・ウッズ (Huber Engineered Woods)、フーバー・リソーシズ (Huber Resources Corp.) などの多様な企業ポートフォリオを運営している。世界各地に拠点を展開し、パーソナルケア、飲食料品、農業用栄養素および補助剤、建材、難燃剤、防煙剤、持続可能な森林サービスなど、幅広い用途で使用される製品を生産している。1883年に設立されたフーバーは、米国を拠点とする大手家族経営企業の1つである。詳しくは、www.huber.comを閲覧されたい。

報道関係者向けの問い合わせ先:
レア・ヴォルペ (Lea Volpe)
コーポレート・コミュニケーション担当取締役
J.M.フーバー・コーポレーション
電話: 678.247.7128
lea.volpe@huber.com


Författare GlobeNewswire