Bli medlem
Bli medlem
lakareutangranser

Du är här

2021-10-26

クロッカス・テクノロジー、産業用および自動車用の幅広い温度範囲に対応する絶縁型電流センサーの高精度ポートフォリオを拡張

XtremeSense® TMR製品のCT425ファミリーは、1 MHz帯域幅でコモンモード電界除去による高精度な絶縁型電流検出を実現

カリフォルニア州サンタクララ発, Oct. 26, 2021 (GLOBE NEWSWIRE) -- トンネル磁気抵抗効果を利用した画期的なXtremeSense®センサーの主要サプライヤーであるクロッカス・テクノロジー (Crocus Technology Inc.) は本日、CT425、CT426、CT427、CT428絶縁型電流センサーを発表した。これらのセンサーは、全動作温度範囲で誤差1%未満を達成しながら、精度や帯域幅を損なわない。高速動作と高精度の出力により、より小型で効率の高い用途向けにシステム設計を最適化できるようになる。

レスポンスタイム300 ns未満のCT42xは、GaN (窒化ガリウム) やSiC (炭化ケイ素) トランジスターを使用して電力密度を改善しているEV充電用途のソリューションを大幅に簡素化する。同様に、CT42xでは、分流抵抗器、増幅器、デジタルアイソレーターを使って電圧を感知し、この信号を電流測定に変換する従来型の絶縁型電流検出ソリューションに比べて、性能とサイズ面で改善されている。CT42xは、パッケージ内の電流の流れを直接感知して、変換エラーを防ぎ、本質的により高速で正確な測定を実現する。業界最高のレスポンスタイム300 nsを達成し、CCMトーテムポールPFCなどの高出力アーキテクチャにより、さらに高い電力密度ソリューションを提供できる。ワイドバンドギャップ (WBG) パワーデバイスの高速スイッチング周波数には、潜在的なカスケード障害を防ぐため、高速過渡電流を検出できる電流センサーが必要となる。また、省スペースのSOIC-8パッケージ統合で、PCBの総フットプリントを既存のソリューションの最高1/8にまで縮小できる。

CT42xにはコモンモード電界に対する堅牢なイミュニティが組み込まれているため、デバイスは外部遮蔽を必要とせずに99%を超える外部漂遊磁場を除去する一方、総合精度1%未満を維持する。クロッカス独自のTMRテクノロジーは、本質的に非常に高い信号対雑音比 (SNR) を達成するため、高精度制御用途または測定用途に必要な高分解能測定を実現する。

クロッカス・テクノロジー社長兼CEOのザック・デイリ (Zack Deiri) は次のように述べている。「この製品ファミリーの拡張により、要求の厳しい用途でも、お客様にXtremeSense TMR製品の高精度性能を体験いただける選択肢が増えました。これまで、お客様は温度に対してあるパラメータで良好な性能を発揮する製品を選択していましたが、今後は設計を調整して、他のパラメータも補正いただけます。クロッカス製品をご利用いただくと、高精度と高帯域幅を達成し、包括的な高性能ソリューションを実現できます。」

製品の機能と性能:

CT425およびCT428 (5.0 Vバージョン)、CT426およびCT427 (3.3 Vバージョン)

20 A~65 AのACおよびDC用途に対応する0.5 mΩの導体内蔵

総合出力誤差±0.5% FS (平均)

レスポンスタイム300 ns、帯域幅1 MHz

定格絶縁電圧: > 4 kVRMS

AEC-Q100およびUL/IEC 62368認証取得、IEC 61000-4-5認証取得

過電流検出 (CT427およびCT428)、拡張フィルター (CT425およびCT426)

イミュニティ99%以上のコモンモード電界除去 (CMFR) 内蔵

力率補正 (PFC)、太陽光発電インバーター、バッテリー管理システム (BMS)、xEV充電器、DC/DCコンバーター、およびAC/DCインバーターの用途を対象とする。

CT425、CT426、CT427、CT428センサーは、業界標準のSOIC-8パッケージで提供される。サンプルおよび評価ボードは、現在提供中である。CT42x製品ファミリーについて詳しくは、製品ウェブページを閲覧されたい。

https://crocus-technology.com/products/ct42x/

クロッカス・テクノロジーについて

クロッカス・テクノロジー (Crocus Technology) は、同社の特許取得済みセンサーテクノロジーであるXtremeSense® TMRに基づいて、最先端の電磁センサーを開発、製造している。クロッカスの画期的な電磁センサーテクノロジーは、高い精度と分解能、安定した温度パフォーマンス、低電力消費が求められるIoT、スマートデバイス、産業、消費者、医療、自動車エレクトロニクスなどの用途に利用され、飛躍的な進歩をもたらしている。同社はカリフォルニア州サンタクララに本社を構える。詳しくは、http://www.crocus-technology.comを閲覧されたい。

© 2021 Crocus Technology International Corp.All rights reserved.Crocus Technology、XtremeSense®、およびその組み合わせは、Crocus Technology Inc.およびCrocus Technology SAの商標である。その他の名称は、情報提供のみを目的として使用され、それぞれの所有者の商標の可能性がある。

詳細情報についての問い合わせ先:

エルサ・マニャーニ (Elsa Magnani)
クロッカス・テクノロジー
電話: +1-208-999-6643
メール: emagnani@crocus-technology.com


Författare GlobeNewswire