Bli medlem
Bli medlem

Du är här

2021-07-01

世界初のASIL-DシミュレータaiSim、NI Veristandを統合しHiLソリューションをリード

aiMotiveとNIは共同でaiMotiveの自動運転シミュレータ(aiSim)とNI Veristandを統合し、どんなに複雑なセンサー設定にも対応可能な自動運転システム用のエンドツーエンドのハードウェア・イン・ザ・ループ(HiL)セットアップを構築しました。

ブダペスト、ハンガリー, July 01, 2021 (GLOBE NEWSWIRE) -- 自動運転システムの検証における難題のひとつは、すべてのセンサーをリアルな3D環境で正確にモデリングし、エンドツーエンド・システム全体をリアルタイムでシミュレーションすることです。自動運転(AD)技術をリードするaiMotiveとNIは共同でNI VeristandをエンドツーエンドのHiLテストセットアップでaiMotiveのADシミュレータ(aiSim)と統合し、実際のフレームレートとレーダーシミュレーションによる時刻同期を使用して、複数の高解像度カメラと物理学をリアルタイムで正確にモデリングされます。

aiMotiveは、最近発表されたaiSim 3.0と共に、リアルタイムのHiLテスト用に高忠実度センサー設定をモデリングするという課題を解決します。aiSimでは、マルチノード機能など独自の機能により、複数のサーバーノード全体でセンサーのシミュレーションを分散できるようになりました。またaiSimのセンサー・シミュレーション・エンジンはKhronosグループのVulkan API上にビルドされており、カメラ、LiDAR、レーダー、超音波といった物理学に基づくシミュレーションで必要となるすべてのタスク用のGPUに対し、1つのインターフェースを提供します。

こうした機能はNI Veristandを統合することで実現し、ECUだけでなく、高度な自動運転に必要な複雑なセンサーセットアップを搭載した完全な自動車のテストも可能となります。タイミングの問題の分析や、センサー異常・異常インジェクションテストのシミュレーションなどの従来のHiLの機能に加え、統合ソリューションにより、新たなバーチャル検証方法を構築し、リアルタイム環境での認識など、複雑なシナリオに基づいた検証を行うことができます。

ADASやADシステムの設計というのは、技術や要求が目まぐるしく変わり続けているため複雑なタスクです。自動車の開発者は、もっと安全な自動車を作るために、オープンで融通がきき、シミュレーションを研究所環境と物理的テスト環境間で容易に移行できるようなテストシステムを求めています。現在、異なった複数ツールが使用されており、プロセスのサイロ化や製品化までの遅れ、コスト増加などが起こっており、そうしたことが開発のスピードや高度な技術の質の足枷となっています。

「NIにおける私たちの目標は、人材、アイデア、技術を結集し、製品品質を最高レベルに高め、開発のスピードを上げて、コネクテッドADASとADの検証ワークフローを作り出すことです。そのため、aiMotiveなどの素晴らしい第一線のエキスパートから、ITインフラ、クラウド技術大手に至るまで、ベストなソリューションをつなげることが求められます」とNIのADAS検証提案マネージャー、ニコラス・キール氏は話します。

「NIの40年以上にわたる業界経験とオープンな姿勢があってこそ、主軸となる自動運転ECUテスト用の最新鋭ソリューションを開発することができるのです」と語るのは、aiSimのプロダクトマネージャー、サボルクス・ヤンスケー氏です。「バーチャル検証という複雑な課題を単独で解決できるところはありません。だから業界の前進には、当社とNIのようなパートナーシップが欠かせません」と続けています。

aiSim 3.0は現在提供中です。全機能の一覧についてはこちらを参照してください。https://aimotive.com/aisim-3.0

aiMotiveについて
aiMotiveは自動運転技術に取り組む、世界最大級の独立チームです。自動運転ソフトウェア、独自のシミュレーションツール、ニューラルネットワーク・アクセラレーター・ハードウェアIPの開発を行っており、自動運転の導入を支援するエコシステムを構築しています。 @aiMotive をTwitterまたはLinkedInでぜひフォローしてください。また、 Facebookでいいねをお願いします。詳細についてはこちらをご覧ください。https://aimotive.com/

NIについて
NIは、人材、アイデア、技術を結集し、先を見据え豊かな想像力で問題解決を行う人材により、人類が直面する難題に取り組んでいます。データやオートメーションから研究・検証まで、エンジニアや企業が求めるカスタムメイドのソフトウェア接続システムをEngineer Ambitiously™に日々提供しています。

メディアお問合せ先:
Bence Boda
マーケティング・コミュニケーション・マネージャー
bence.boda@aimotive.com 


Författare GlobeNewswire

Tala om vad ni tycker

Tala om vad ni tycker

Ni är just nu inne på en betaversion av nya aktiespararna. Lämna gärna feedback på vad ni tycker i formuläret nedan.